どっちで売るのか|古書を専門とする買い取り業者に依頼してみよう

どっちで売るのか

2冊の古書

これから古書を買い取りしてもらうのはいいけれど、どこで買い取りしてもらった方がいいのかわからない。なんて人も多いと思います。
そこでまずは大きく2つくらいにわけてあなたに売るべき場所を説明していきましょう。

まずひとつが「大型チェーン店」です。古書については多くの大型チェーン店で買い取りを随時行っています。
大型チェーン店は他の記事でも伝えたように古書の状態だったり発売日などを重視しながら価格をつけることが多いです。
そしてもうひとつ査定する基準となるのが、そのお店の「在庫状況」になります。
どんな大型チェーン店にもたくさん古書の在庫が存在しています。
そしてあなたが買い取りしてもらおうと思っている古書が在庫状況からみてたくさんあった場合、その分買い取り金額も下げられてしまう可能性が高くなるでしょう。
逆に在庫がほとんどないような古書だったらそれだけ高い値段がつけられやすいといえます。
在庫状況に関しては当然大手チェーン店ごとにそれぞれ異なるので、もし余裕があればいくつか転々としてから売る場所を決めてみるのもいいかもしれません。

そしてもうひとつが小さな古本屋さんになります。
こちらで売る場合はどちらかというと大型チェーン店よりも高価で買い取ってくれるケースが多いです。
ただし小さな古本屋さんの方がシビアに査定するので、ものによっては買い取りを拒否される可能性もあります。
たとえば高値で買い取ってくれるような本が少しでも状態悪い場合、買い取りはしませんといわれてしまう可能性もあるのです。
ただ実際に買取してもらえる場合は想像以上の金額がつく可能性があります。

AAAA